温泉旅行と知多半島ランチ

温泉旅行と知多半島ランチをつづります。何故か料金を度々間違えられる、そんな星の下に生まれた女

旦那のお土産 北海道・愛媛・山口

旦那のお土産の写真が溜まったので。

北海道のお土産

ゆきむしスフレ

六花亭のマルセイバターサンド

えぞ厚焼き

~~~~~~~~

愛媛のお土産

松山の坊ちゃん団子

~~~~~~~~~

山口のお土産

津和野の源氏巻

月でひろった卵

白楽かまぼこ

最終日は、朝からかほく市の「かにカニ合戦」会場に行くよ。

ズワイガニ2杯と

香箱蟹3杯 購入

その年によって 水揚げされた港が違う。
この年は、金沢港。

貴船の真似して 香箱蟹で炊き込みご飯作ってみた。
めっちゃ美味しい。

~~~~~~~~~

最終日昼食は、いつものヨーロッパ軒 丸岡分店で。

メニューのかつ丼のページは素通りして
やっぱりヤングランチを食べる。

~~~~~~~

福井の「四季食彩 萩」へ。 鯖寿司を買うために立ち寄り。

鯖が大きい

~~~~~~~~

帰る途中で購入したもの

酒量販店の「やまや」でパルメザンチーズを。
美味しくて安い。

片山津のバームクーヘン屋さん
「橘香堂(きっかどう)」のかすてら

福井の「米又」の水羊羹

金沢の旅2018 その9 金沢のお土産

貴船の会計を終えて、外に出て歩き始めたら
後ろから トットッと走ってくる足音が
振り返ったら 貴船のご主人だった。

「ありがとうございました。
 貴船もお陰様で10年になりました。」
「それはそれは」
「これ記念に作ったのでどうぞ」
「ありがとうございます。」
「もう10年ですかあ。予約とれませんねー。」
「はあ」
「じゃあまた来年」
ご主人 ガクッとズッコケてた。
ズッコケたいのは
来年予約が取れないかもしれない、こっちだわ。

気がかりなのは、お祝いの言葉をすっかり忘れてた事。
ご主人、申し訳ない。本当におめでとうございます。

歴史を重ねてもっともっと名店になっていくのでしょうね。
そうなったらもう私等みたいなバックボーンの無い人間は
予約の電話することさえもおこがましく思えるような
そんな敷居の高い店になるのでしょう。
あー悲しい、親しみ安い雰囲気が好きだったのに。
と、勝手に未来に向けて不の妄想を膨らませ
寂しい気持ちになったよ。

でも、これをもらってうれしかった。
旦那と一本ずつ、2人とも使わないで大事に取ってある。

~~~~~~~~

金沢で買ったお土産

ウメサの紅麹味噌 これが一番美味しい

秋にしか買えない 中田屋の毬栗(いがぐりきんつば

小豆のきんつばも 
ご近所さんのお土産も きんつば詰め合わせが
一番喜ばれるよ。

胡桃の佃煮 これもご近所さん用と自宅用

金沢の旅2018 その8 貴船つづき

貴船の料理つづき

牡蠣やまかけ

むかご真丈 さつまいも茶巾

お酒は定番の辛口 獅子の里は、美味しいわ~

その前に生ビール

もみじ鯛 松茸醤油

生松茸と真鯛 モーツアルトを聴いて育った舞茸のソース

香箱蟹 カニジュレ

ズワイガニの蓮蒸し カニ味噌ソース

この後 「カブの含め煮揚げ白子」が出たんだけど
写真撮り忘れ。 これがまためちゃめちゃ美味しかった。
必ず一つは撮り忘れる。

格子の向こうでお釜で炊いている御飯

香箱蟹の御飯

ゴルゴンゾーラのアイスと柿
こんなに美味しい物ばかりでしあわせ~

会計の後 ちょっと驚いた事有り。つづく

金沢の旅2018 その7 貴船

夕食は、2年ぶり? に 「 貴船 」で。
ミシュランに気づかれてしまい
それ以来 すっかり予約が取れなくなっているのだが
旦那が必死で電話して取ってくれた。

夜の彦三緑地(ひこそりょくち)を通り抜けて行くよ。

まず玉露 その後 純米大吟醸天狗舞五凛を一口飲んで
はじまりはじまり~

今回も iphoneの音声メモで料理名をチェックしていったので
そこそこ正確な情報になったと思う。

子持ち鮎のおろし和え

柿のくるみ和え

ハタハタと水菜の梨酢和え

コハダ と ブリハムの握り

金沢の旅2018 その6 金沢のホテル

金沢に到着。
お昼は、パンくらいでいいやと
イートインのあるパン屋 ハニーポット田上町)に
寄って行くことに。

出来立てのカレーパンと
フルーツサンドを半分ずつにした。
コーヒーはサービスで全部で 1000円弱。
3個で? 高いなと思ったけど
あまり気にせずにそのまま忘れていて
帰ってからレシート見たら
買ってもいない280円のパンがトップに打たれていた。

そうだ、私は
「何故か料金を度々間違えられる、そんな星の下に生まれた女」
なのだった。すぐ忘れちゃう。
コーヒー飲んだから、まっいいか。

ホテルに到着。
金沢は、年を経る毎に物価が上昇している気がする。
蟹の値が上がり、ホテルの料金がうなぎのぼり。
あんなに沢山ホテルがあるのに、
需要もドンドン増えてるので、めっちゃ強気。
良心的なホテルを見つけるのは至難の業よ。

今回泊まったホテルは、ひ・み・つ

新しくきれいで 快適。

お風呂も明るくて広い。

トイレのドアが無いけど。

金沢の旅2018 その5 中尾ヒュッテ朝食

中尾ヒュッテは、外に3つの貸切露天風呂
中に2つの貸切内湯が有る。

かけ流しで、ずっとお湯が溢れてる。

同じお風呂のように見えるが、 シンメトリーになっている。
片方にしか入らなかったよ。

翌朝はまた ヒノキ風呂に入った。

さあ ごはんだごはんだ!

美味しくて無駄な物の無い 朝ごはん。

この日も やっぱり霧が出ていたよ。

霧の塊が すぐ頭の上に