温泉旅行と知多半島ランチ

温泉旅行と知多半島ランチをつづります。何故か料金を度々間違えられる、そんな星の下に生まれた女

山形新潟の旅 2023 その12 上杉神社

この日の宿は、山形県の上山温泉なので
南陽・小国方面へ向かう。

上杉神社に寄る事に。
この辺は、松島あたりと同じに桜が散りかけていた。

上杉神社は、米沢城の中に在ったのでお堀に囲まれている。
お堀には、桜の花びらが沢山浮かんで美しい。
奥にチラッと見えるガラス張りの建物は「米沢市上杉博物館

上杉謙信公像

本殿にお参り。

ドラクエウォークのおみやげ(西洋のナシ)も無事ゲット。

「 道の駅 米沢 」で休憩。

アイスクリームを食べる。

焼きたてアップルパイも。
これが昼食となった。

山形新潟の旅 2023 その11 朝食・岩船港

瀬波温泉 静雲荘」朝食

ヨーグルトも出た。
私の希望は、ヨーグルトと牛乳。 
両方有るとうれしいんだけどな。

コーヒーも用意されてた。

さて、静雲荘を出発して すぐそばにある
「 岩船港鮮魚センター 」でお土産を購入。

名物だという「 岩船麩 」という
デッカイ麩を購入。
大きいのでもてあまし、我が家の冷蔵庫に
10個中8個眠っているよ。

これも名物 西京漬け
色々な魚が有ったんだけど 銀だら購入。

大量に入っていて 美味しい。安い。

リアルな 鮭ポーチ
どーしても欲しくなって買ってしまった。
別にここじゃなくても 日本全国で売っていそう。
子供が お祖父ちゃんお祖母ちゃんにねだって買ってもらうやつ。

自分の手作りと 100円ショップで買ったやつと

お気に入りの 蜂よけオニヤンマのブローチと

一緒に吊るして飾っている。
正直「 買ってよかったー 」とめっちゃ思っている。

山形新潟の旅 2023 その10 静雲荘夕食

カウンターから海を眺める

海の向こうは、北朝鮮か中国か?

真ん中から温泉が、右の蛇口は温度調節のための水か?
源泉が94.1度もあるので仕方ないか。

旦那の脚

さて夕食

手書きを印刷したもの。珍しい。

地魚ばかりで好感持てる。

お酒は 〆張鶴純米酒

私は生ビール

すき焼きは 温泉卵で食べる。

めちゃめちゃ怖い顔のタイ

口直しのジュースとデザートの写真を撮り忘れた。

美味しかったが量が多めで食べきれず。
もっと少な目でいいと思うけどなー。

山形新潟の旅 2023 その9 瀬波温泉

「道の駅 あつみ」で休憩
ここから1時間くらいで瀬波温泉に着く。

新潟県 村上市

「くつろぎの宿 旅館 静雲荘」が今日の宿。

部屋に入ったらいきなり廊下。大きな部屋。
予約の部屋をグレードアップしてくれたらしい。

すぐそこに海が。

隣にはカウンターがある。

広い。8人くらいで泊まれそう。

さらに向こうに見えるのは?

広いスペースの片隅に大きな浴槽が。
源泉かけ流し

94.1度の源泉 pH8.7

マッサージチェアもあり。

山形新潟の旅 2023 その8 ワンタンメン満月

最上川 千本だんご」を出発。

大石田から海方面 酒田市に向かう。
雨がひどくなってきた。

「道の駅しょうない 風車市場」で休憩。

「ワンタンメンの満月 酒田本店」
昼食はここのワンタンだよ。
愛知にはどういったわけか「ワンタン」があまり無い。
関東では、ワンタンは普通のメニューなのに。

有名店らしい。

ワンタンメンが人気なんだけど
そんなに食べたら夕食が食べられないので
「 ワンタン 」(麺無し)800円(税込み)にした。
よく見たら「小盛りワンタン」150円(税込み)ってあるけど
さすがにこれ2個っていうわけにいかないよね。

ところが、麺の分をワンタンでカバーしちゃうこの量。
ワンタンというのは、サイドメニューなんだと思うんだけど。
ここの場合は、メイン扱いなんだね。
大失敗。

おそ松君を見ながら 
中にほぼ具の入っていないワンタンの皮を
必死で食べたけど、全然減りゃあしない。

むしろ段々増えてきて、バカボンパパが見えなくなりそう。
旦那と同じ物を注文しちゃったので 食べてもらうわけにもいかず。
2人とも惨敗。残すの嫌なんだけど仕方ない。

そうこうして、鶴岡市あたりで天気が回復してきたよ。

山形新潟の旅 2023 その7 朝食&千本だんご

食事処に素敵なこけしを飾っている「 しゃくなげ荘 」

朝食

何故か納豆はパックごと。
納豆は好き嫌いがあるから、食べない人の納豆を
無駄にしなくて済むよね。合理的。SDGsだね。

ヨーグルト付き

朝食もやっぱり量が多め。

満足満足のしゃくなげ荘を後に、新潟方面へ出発。

山の中は、4月中頃と言えども雪は残っている。

クマが出てきそう~

大石田 最上川に近いところにある
最上川 千本だんご」に寄る事に。
有名なので常に行列らしいけど 
この日は雨だったので 行列は少しだった。ラッキー。
駐車場は、表と裏に沢山あり。

元はお豆腐屋さんなのでお豆腐も売っているが
とにかく だんごが人気。
この店員さんにマイクで注文。
食べて行くか買って帰るか 何だんごを何本。と言う。
すると右に居る何人かのお姉さんたちが作ってくれる。

私 「ずんだだんご 2本!」
( に、にほんっっ?すくなっ! )
と思ったかどうかは分からないけど
2本しか買わない人なんて居なかったよ。
もっと食べたかったけど 
この日は昼食も食べるつもりなので我慢したよ。

種類も色々。季節によって違うみたい。

反対側にも食べられる部屋があるらしいが
注文場の横の席が空いていたのでそこでしばし待つ。
その場で食べる人もそれほど多くないみたい。

一本183円(税込み)
ずんだがタップリ。1本ずつにしといてよかったー。
甘さ控えめでめっちゃ美味しい。

山形新潟の旅 2023 その6 しゃくなげ荘夕食

夕食は、お品書きは無かった。

野菜をふんだんに使った料理が続く

牛肉の溶岩焼きも野菜がタップリ

お酒は「 初孫 」

私は、梅酒

目玉料理のリンゴのグラタン。
これは前回も頂いたがとっても美味しい。

えっまだ出るの? と思ったよ。

芋煮もタップリ。最後まで野菜がいろいろ出てくる。
ご飯は一口だけとお願いした。
食べきれないよ。

でも、デザートは食べられる 不思議。